最近巷では、デトックスと言う言葉が流行っていますね。

健康にしろ、ダイエットにしろデトックスと言う言葉は良く使われています。現代の人間(日本人)は食べ過ぎだ!なんて言われているくらいですからね。

昔は、食べる=栄養が取れるということで、食べる事が健康として扱われていましたが、現代ではそんな日本人の食生活が指摘されていることが多いんです。そして、最近では食べない健康という言葉まででてきているくらいです。

デトックス

デトックスとは胃腸になにもいれずに、毒素を身体から排出されることです。これによって、体に常に残っていた毒素を浄化できると言われています。断食などが体に良いと言われるのも、毒素を体外に排出することができるのだと言われいます。

また、デトックスには水分補給を重要視されます。水分なら何でも良いのか?というとそういうわけでもありません。デトックスに用いられるのは水です!ミネラルウォーターです!!

水はデトックスを手助けします。胃や腸に何も入っていない状況でも、少しばかりは毒素になる異物が残っている可能性があるんです。そんな状況で水を飲むと、残っている毒素も排出してくれるんです。

確かに、2日間水だけを飲むと体が現れているようなイメージはできますよね?そのイメージと全く同じことが自分の胃や腸で起こっているんです。

胃腸に負担を掛ける時間を減らす

デトックス=断食と言うわけではありません。

断食をするほうが絶対的に良いのはもちろんですが、現代の社会人ではなかなか食事を一切経つ、そんな状況で仕事をするというのは過酷きまわりないですよね。

正直、考えるだけでもうんざりすると思います。

そこで、良く行われているのが、朝食抜きの健康というわけです。

ダイエットなどでは夜ごはんを食べないというのが一般的ですが、健康意識になると朝になります。これは、朝が良い!というよりも、食べない時間をより長くするために朝食を抜くのが合理的ということなんです。

一日3食食べている人だと、朝7時、昼12時、夜7時という具合にご飯を食べますよね。そして、何もしなくても夜7時から朝7時までの時間は12時間空いています。

しかし、デトックスとしては12時間では少し身時間です。

最低でも18時間、胃を空にしている状態が理想的なんです。そう考えると、朝食を抜くのが一番効率よくデトックスができるんです。

とにかく、胃が空っぽの時間を長くとる!そして、水を飲んで胃腸を洗い流す!この2つが健康的な食事方法なのです。