タバコをやめる8ケ条

タバコは百害あって一利なしです。タバコの成分はニコチン、タールなど200種類以上の有害物質が含まれ、肺ガンの原因として認められています。禁煙の方法としていろいろな工夫があります。

1.禁煙を周囲の人に宣言する。
2.タバコ、ライター、灰皿など喫煙道具を捨てる。
3.結婚記念日など禁煙開始日とする。
4.食後に気分転換に運動・ストレッチを取り入れる。
5.タバコの本数を減らす節煙は失敗しやすく禁煙をめざす。
6.喫煙者の集まる場所に行かない。
7.お茶や水を飲んで気分を紛らわす。
8.嫌煙飴を利用して禁断症状を軽減する。

 

禁煙の苦しさ

禁煙開始後3日、1ケ月、3ケ月が苦しい時期です。なんとかその時期を上の8ケ条で克服しましょう。
失敗してもまたチャレンジしましょう。決して意志が弱い人間と落ち込まないようにしましょう。
肺ガンだけでなく、胃腸や循環器の病気への予防効果があり、直ちに現れます。

 

タモリの禁煙法(15秒ルール)

ビック3という響きももう古くなりましたが、日本のコメディアン「タモリ」は独特の禁煙方法でタバコを止めたそうです。笑っていいともで自分でも言ってましたが、その名も「15秒ルール」という禁煙方法です。

その内容はいたってシンプル!!禁煙中にタバコを吸いたい・・・!!っていう気持ちがくれば15秒間だけ我慢するという方法。「おいおい!こんなの禁煙法とは言えないだろ?」と思いますが、タモリは実際にこれが効果抜群で禁煙に成功したようです。

タモリいわく「タバコを吸いたいっていう良くは15秒も続かない!!」っていうことです。管理人もタバコを吸いますが、確かにわからなくもありません。15秒も続かずに、そして数秒ごとにまた吸いたいと言う欲がやってくる感じです。

これは精神的なもんだいですが、15秒を毎回我慢するだけで欲が消えるのであれば簡単で画期的な禁煙方法だと言えますよね!!