快適な睡眠のための7ケ条

1.快眠でいきいき健康生活
運動習慣は熟睡をもたらす。

2.日中元気はつらつが快眠のバロメーター
自分に合った睡眠時間があり、「8時間」にこだわらない

3.快眠は自らが作り出す
カフェイン摂取は寝付きを悪くし、睡眠薬代わりの寝酒は睡眠の質を悪くする

4.眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる
軽い読書、音楽、香りでリラックス。ぬるめの入浴で寝付きを良くする

5.目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン
同じ時刻に毎日起床、早起きが早寝に通じる

6.午後の眠気をやり過ごす
長い昼寝はかえってぼんやりのもと。昼寝をするなら午後3時前の20〜30分

7.睡眠障害は専門家に相談
睡眠中の激しいいびきや足のむずむず感、歯ぎしりは要注意、