ストレスとは二人三脚でいこう!

人間は社会生活を営んでいる以上、ストレスから解放されません。「病院で検査しても何も異常はない、でも体の調子がおかしい」「イライラして怒りっぽい」「不安感が強い」「疲れやすく食欲がない」「寝付きが悪い」などは、ストレスが原因になっている場合があります。ストレスによる不安、焦り、緊張状態が続くと様々な病気を引き起こします。

(高血圧、胃・十二指腸潰瘍、狭心症、うつ病、気管支喘息、過敏性腸症候群 等など)

ストレス解消法5ケ条

日常生活において、外部から不愉快な刺激が来て「怒り」や「悲しみ」の感情が湧いても必要以上にその感情を長引かせず、なるべく早く穏やかな気持ちに戻るように心掛けましょう。

具体的には、
1.十分に休養、睡眠をとる。
2.適度な運動をする。
3.趣味を楽しむ。
4.何事もひとりで背負い込まない。
5.完全主義をすてる。

ストレスからのうつ病

現代はストレス社会と言われており、多くの場面でストレスが発生してしまっている社会になっているみたいです。しかし、このストレスという悪はどこから来て、どういった風に治していいのか明確になっていません。というよりも、人によって違い過ぎて、医学的にはコレだ!!という治療方法や解消方法がないみたいです。

だから、色んな家庭療法みたいな感じで治療方法が取り上げられているんです。ストレスはこの世からなくならない存在なので、このストレスを悪として避けることはやめて、どうやって溜まったストレスを解消するかに力をいれたほうが得策だと言われています。

悪とされているストレスはしかたないと割り切って、どうやってこのストレスを体からまた記憶から解消してやるかがストレス解消方法の重要なポイント!!最近で言う、鬱・ノイローゼなどのほとんどはストレスが引き金(厳密に言えばストレスを溜めこみ過ぎてしまっての事)になっています。

心のケア方法は人によって全然違うので、その方法を自分で編み出していくしかないのです。本当に世間では色々な方法があるので、1つ1つ試してみるのも、長い人生でみれば役に立つことなのではないでしょうか?