「アンチエージング」って何?

寿命を延ばすことが目的ではなく、寿命を向かえるまでの間、できる限り健康な体と精神を維持しようと言うものが、アンチエイジングのコンセプト。

アンチ・エージングの基本概念

病気にならない
歳をとらない
死なない

現在アメリカでは、アンチ・エイジング・メディスン(抗加齢医学)の研究が盛んです。1993年に7人のドクターがスタート させた米国抗加齢学会(A4M: American Academy of Anti-Aging Medicine)には、2001年夏現在、7000人を超える 学会メンバーがおり、医療において非常に注目されている分野です。

「老化」とはいったいどういうことなのかが、医学的に解明されつつある現在、それを積極的にコントロールすることで、 誰でも確実に若返る可能性が出てきました。「アンチ・エージング」は、21世紀の社会における重要なひとつのキーワ ードとなるでしょう。

アンチエイジングにはホルモンバランス(男性ホルモン)

アンチエイジングで欠かせない事はホルモンバランスみたいです。中でも性ホルモンが重要!!男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモン!!この異性を大きく別けている性ホルモンのバランスが年齢を重ねるとともにガタがきてしまって老いを感じてしまうみたいです。

また、ホルモンバランスによるアンチエイジングでは内部と外部の両方に期待できることから、アンチエイジングに気を使っている人にとっては重要であり、常識的なことみたいですね。

そもそも、男性ホルモンのバランスを保ってくためにはどうすればいいのか?そんなこと、普通の人は見当もつきませんよね。。。ずばり!!生活習慣みたいです。食事、睡眠、運動、いわゆる健康の3大要素に対してホルモンバランスは比例しているみたいです。

なかでもストレスによってバランスが崩れてしまうことがあって、これは更年期の男性によくありがちなものです。ストレスから逃げたり、解消したりと色々な方法はありますが、アンチエイジングを心がけるには、そういった心の問題も重要であることをお忘れなく!!